画像サイズ一括変換ソフトの画面およびメイン機能

  • ファイル情報一覧とサムネイル一覧を切り替える事ができますので、内容の確認が容易にできます。
    またファイル情報一覧で列クリックによる並び替えや、サムネイル一覧でドラックによる順序変更ができます。
    サムネイルを作成して表示しますので、元ファイルはすぐに解放します。よってデジカメで撮影した画像等サイズの大きいファイルでもあまりメモリーを消費しません。
    サムネイル画面詳細画面
  • 別のフォルダにある画像ファイルでも複数指定できます。
    読み込める画像は、BMP、JPEG、GIF、PNG、TIFF
    変換設定画面
  • リサイズされたファイルの名前に文字を付加できます。(接頭語、接尾語)
  • サイズは 1 ピクセル単位で指定できます。
  • 保存形式は、BMP、JPEG(60 ~ 99% で品質指定)、GIF、PNG、TIFF
  • 保存後の画像解像度を指定することができます。(Web用は 72dpi、印刷用なら 150 ~ 200dpi が目安)
  • リサイズ時の補間方法を指定できます。
    • 既定 / Default / 既定の補間モード
    • 低品質 / Low / 低品質補間
    • 高品質 / High / 高品質補間
    • ニアレストネイバー / NearestNeighbor / 最近傍補間
    • バイリニア / Bilinear / 双一次補間
    • バイキュービック / Bicubic / 双三次補間
    • バイリニア(高) / HighQualityBilinear / 高品質双一次補間
    • バイキュービック(高) / HighQualityBicubic / 高品質双三次補間
    • バイキュービック(特殊) / HighQualityBicubic / 高品質双三次補間
  • リサイズ方法も 6 タイプから選べます。
    • 長辺を合わせる
      ・・・ 横縦いずれか長い方を指定サイズにし、短い方を同じ比率でリサイズ
    • 短辺を合わせる
      ・・・ 横縦いずれか短い方を指定サイズにし、長い方を同じ比率でリサイズ
    • 横幅を合わせる
      ・・・ 横幅を指定サイズにし、縦幅を同じ比率でリサイズ
    • 縦幅を合わせる
      ・・・ 縦幅を指定サイズにし、横幅を同じ比率でリサイズ
    • 正方形
      ・・・ 長辺を合わせてリサイズし、指定カラーの正方形の中心に配置
    • 縦横サイズ指定
      ・・・ 長辺を合わせてリサイズし、指定カラーの指定したサイズの指定した位置に配置
      携帯やPHSの待ち受け画像等の作成時に有効です
  • 画像位置(余白位置)を細かく指定できます。
  • 同じ画像を左右に並べ、それぞれ変換方法を変えて比較し、最適な変換方法を決定することができます。
  • 実際に保存される画質のイメージを一覧表示で確認できます。
    位置指定画面画像比較画面変更確認画面

リネイム機能、個別設定

  • 画像を回転することができますので、デジカメ等で縦サイズに撮影した画像を90度回転させたり、上下が逆になった画像を180度回転させて正しい向きで保存できます。
  • リサイズされたファイルの名前を指定した規則に従って一括で変更できます。
    個別に特定のファイルのみ変更することもできます。(リネイム機能)
    個別設定画面リネイム画面

文字挿入機能、画像挿入機能

画像に著作権等の文字や画像を挿入することができます。
透明度を指定できます。
文字挿入設定画面リネイム画面

余白削除機能

画像の余白を自動で削除することができます。
メーカーや仕入先から提供される画像に余白が沢山あった場合、そのまま縮小してしまうと商品の画像が小さくなってしまいます。
余白を削除した上で指定したサイズの余白をつけた上で、指定サイズに縮小することができます。
余白削除設定画面余白削除と削除しない場合の比較
画像提供:ヘルシーグッド

バッチ機能

  • 画像ファイルをEXEファイル、またはショートカットアイコンにドラックアンドドロップしたり、画像ファイルを右クリックし、メニューの「送る」から「画像サイズ一括変換」を選択することで起動することができます。
  • コマンドラインで一括処理を行い、フォーム(画面)を開かずそのまま終了することができます。
    (バッチ処理が可能)
  • バッチファイルを自動生成できます。
    バッチファイル作成画面VB.NETソース作成サンプル
  • コード生成
    ・・・ コマンドラインコードを生成します。例えば、[スタート]→[ファイル名を指定して実行] で使用できます。
  • VBS ファイル
    ・・・ ファイルをダブルクリックすると実行します。
  • VBA/VB モジュール
    ・・・ VB6 のモジュール用や Excel、Access などのマクロ用のコードです。
  • VB.NET サンプルコード
    ・・・ VB.Net で使用する際のサンプルコードです。

画像ギャラリーページ自動生成機能

  • 画像ギャラリーページを自動生成できます。
    HTML作成画面
  • 一覧表示
     ・・・ サムネイルを一覧表示し、クリックで大きな画像をポップアップ表示するページ
     ポップアップには Lightbox2 を使用します。Lightbox2 用のファイルも自動で作成されます。
スポンサード リンク

このページの先頭へ